観る
sightseeing

西灘の酒蔵群

江戸時代初期(1673~1681)に、江井島の卜部八兵衛(うらべはちべえ)が領主の許可を得て醸造を始めたのが、明石の酒造りの始まりとされています。 明石は、神戸の灘に対し「西灘」と呼ばれる酒どころで、最盛期には当時の明石領内に60以上の酒蔵が集積していました。現在も江井島周辺では古い街並みの中に建ち並ぶ板壁の酒蔵を見ることができます。

駐車場 なし

最終更新日: 2017年10月24日

アクセス